5/26公演出演アーティスト「VAZENORIA」short interview!

明日に向けて最後のインタビューは「VAZENORIA」!以前出演された「LUX DIORL」が新体制で再始動です!

---------------------------------------------------------------------------------

Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。
A.瑠維斗「ボーカルの瑠維斗(るいと)です!」
蛍「ギターの蛍(ほたる)ですっ!」
涅流「ベースの涅流(ねる)です。」

Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください!
A.涅流「由来は、文章だと長くなるのでライブにきて聞きに来て下さい(笑)」
瑠維斗「V系っぽくないかもしれないですが、コンセプトはまず中々いないような特攻服を衣装にすることから始まりました。そこから誰しも経験している青春、反抗期をコンセプトにすることにしました。」

Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください!
A.瑠維斗「始動1発目ということで気合いしかないです(笑)」
蛍「初めましての人は僕らをしってもらって、以前見たことある人は変化を楽しんで頂けたらと思います!」

Q.LUX DIORLから体制を変更しての再始動ですが、以前と特に変わった部分があれば教えてください!
A,涅流「見た目とコンセプト、それから曲調もハードになりました」

Q.会場限定でデモ音源の無料配布が開始されましたが、この作品の聴きどころを教えてください!
A.蛍「初めての自主作成ということでクオリティはアレですが(笑)1曲目は一言でいうと青春パンクですね。2曲目は完全に僕の趣味でハードコア特有の刻みや変調を用いて両曲ともあえてV系らしくない所を目指しました!」

Q.最後に、改めてファンの皆様へメッセージをお願いいたします。
一同「見た目はヤンキーみたいですが怖くないのでライブもぜひ前に来て自由なノリ方で楽しんでください!!」

---------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


5/26公演出演アーティスト「Onykixx」short interview!

明日に迫った「TOKYO解放区 #8」、4月以来の出演となる「Onykixx」の皆さんにお話をいただきました!

-----------------------------------------------------------------------------------

Q.前回の出演時はkobatoさんが不在でしたが、今回は皆さん揃ってのライヴになりそうでしょうか?
美弥「何かあるの??」
izumi「俺プロデュー♪うちのマスコットどーなる事やら」
美弥「まぢ?kobatoじゃねーの?そこんとこは聞いてないけど(笑)kobatoおかえりとか言ってしまったわ(笑)」

Q.今回、4/10から更にパワーアップして点があれば教えてください!
美弥「6月はレコ期間。7月もライブ少なめなので、全力で歌いまくろうかとは思います!ボクの想いをみんなに伝えます!」
JUN「Onykixxとしては期間が空くから暴れようか!」
izumi「Onykixxっていうんだよ~名前だけでも覚えてね~。」

Q.先日は他ジャンルのイベントにも出演されていたとお聞きしましたが、こちらの反響はいかがでしたか?
美弥「男子のノリが良かったね♪」
izumi「オレもノリノリになってしまった…」
美弥「人の水飲んでたしなアンタ(笑)」
izumi「だって喉乾くんだもん!」
JUN「ノリはすごく良かったですね。そして、もっとみんなにボク達というものを伝えられる曲を作りたいですね。」
KENSUKE「常に練習あるのみ…」

Q.最後に、改めてファンの皆様へメッセージをお願いいたします。
ボク達はこのライブで一ヶ月ほど作曲期間に入ります。より良い楽曲・音源をOnykixxとして届けたいメンバー達の想いです。
CD制作も視野に入れて考えております。
ということで、5/26は暴れさせていただきます。
最高のパフォーマンスを皆様にお届けします。是非足を運んでいただけると幸いです。

--------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


5/26公演出演アーティスト「ROMiO.」short interview!

今月は2公演の開催となる「TOKYO解放区」、迫る5/26公演に向け「ROMiO.」の皆さんにインタビューを敢行しました!

------------------------------------------------------------------------------------------

Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。
Vo.leo.レヲです。
不幸を背負った笑顔と涙のスペシャリストです。

梅雨生まれの晴れ男!
ギターのToshiakiです!

夏生まれの夏嫌い、歩く低気圧と呼ばれる雨男。
ベースのYOUです☆

ドラム担当の義鷹です。
基本的に幸が薄いです。

Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください!
『Road only music is out.』
我が人生、音楽だけあれば何もいらない。
音楽に対する真っ直ぐな気持ちをバンド名に込めました。(leo.)
『ロミオとジュリエット』恋人たちの恋愛悲劇は、いつの世も障壁をはねのけて愛を成就させようとする儚く哀しい物語。
この現代に 愛とは何か⁉︎   と、あらためて問いかけたいと思います。(義鷹)

Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください!
ROMiO.のライブはもちろん、一日を通して楽しかったなってみんなが思って自分達も思えるライブを会場全員で創りあげたいです!(義鷹)
久々のサイバーでのライブを楽しみたいなって思っています☆(YOU)

Q.現在1st Album「再恋-サイレン-」が 発売中ですが、こちらの作品の聴きどころを教えてください!
誰もが経験する失恋や傷心、すべての悲しみをどれだけアーティスティックに表現出来るかといったチャレンジ的なコンセプトアルバムです。
ROMiO.色とも呼ばれる流行世代を超えたサウンドを感じて下さい!(leo.)

Q.6/30には無料ワンマンライヴも決定していますが、この日はどんな一日になりそうでしょうか?
無料ワンマンは僕自身、6月に何かやりたいと思ってて、そしたら、あれ?!6/30日って630(ロミオ)の日じゃない?!ってメンバー間でなったんです。
というか、何で今まで気づかなかったんだ?と…笑
そこで、このワンマンをすることに決めました。
タイトルに『ありがとう』と言う言葉を掲げました。
メンバー個々の『ありがとう』と、ROMiO.としての『ありがとう』を届け、伝え、共有できる1日にしたいと思っています。
浦和ナルシスで待ってます♪(Toshiaki)

Q.最後に、改めてファンの皆様へメッセージをお願いいたします。
今、ROMiO.というバンドはちょうど革新的な進化の途中にいる時期に入ってると思っています。
その中での新しい出会いを俺たちも求めてるいるし、そんなROMiO.を観て感じてもらえたなら、きっとみんなに届くと信じてステージに上がります!(義鷹)

---------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


5/17公演出演アーティスト「バク。」short interview!

5/17公演に向け最後のインタビューは、本日アーティスト写真を公開されました「バク。」の皆さんです!

-----------------------------------------------------------------------------------------

Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。
ヴォーカルれまです
ギターしいたです
ベースるかです
ドラム陽咲(ひさき)です

Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください!
れま: 犯罪。記憶。そしてそれは全て悪夢だったのかもしれません
そしてバク。は舌ズリ舐めまわし悪夢を食べます

Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください!
しいた: 僕らの本質はライブにこそあります。どうぞ悪夢をご覧ください。

Q.6/12にミニワンマンを開催予定とのことですが、どのような一日になりそうですか?
るか: 面白いことも考えてます。質問コーナーでの質問、HPより受け付けてますのでよかったら。

Q.音源「盲目マリオネット」も公開されていますが、こちらの聴きどころを教えてください。
陽咲: ただの悪夢です。そろそろ記憶になり、やがてフラッシュバックするでしょう。
そして次のストーリーをお楽しみに。

Q.最後に、改めてファンの皆様へメッセージをお願いいたします。
陽咲: 雨降って地固まる。
れま: みなさま、最後まで記憶してください。

----------------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


5/17公演出演アーティスト「Dieluv」short interview!

5/17公演に向けて、続いては札幌より参戦の「Dieluv」の皆様からコメントが届きました!
-------------------------------------------------------------
Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。
Vo.優 Gt.ユーリ Gt.咲弥

Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください!
色々な言葉を混ぜた造語で、音に乗せて想いを伝える。って想いが込められてます。

Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください!
初めての東京で慣れない場所だけど全力で僕らは楽しむから始まりから終わりまで見逃す事なく皆で楽しみましょ!

Q.現在会場限定シングル「Optatio」が 発売されていますが、この作品の聴きどころや拘った点を教えてください。
曲の聴きどころは最初から最後までです。

Q.最後に、改めてファンの皆様へメッセージをお願いいたします。
こんなバンドに付いて来てくれてありがとうございます。まだファンと呼べる人は数えられるくらいしか居ないけれど、これからも頑張って行くので離れないで付いて来て下さい。
----------------------------------------------------
ありがとうございました!


5/17公演出演アーティスト「Leben Chariot」short interview!

近づいてきた5/17公演に向けて、「Leben Chariot」の皆様にお話をいただきました!

-------------------------------------------------------------------------------------

Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。
vo.Takumi
gt.いっちー
gt.あきら
ba.Yoshitaka
dr.shun
です!

Q.バンドのコンセプトを教えてください!
Leben Chariot(レベンシャリオ)
ヘヴィーでハードかつメロディアスな曲調をベースに楽器隊の高い演奏力とボーカルの透き通る声を武器に活動しており、
誰でも乗りやすく親しみやすくLeben chariotを通して友達や恋人等多くのつながりのきっかけが出来るようなバンドを目指しております!

Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください!
初めてのイベント参加ということと、ライブをするのが1ヶ月ぶりという事でその分溜まったモノをぶちまけられたらと思います!
高い演奏力と親しみやすい曲調を存分に楽しんで下さい♪

Q.現在mini album「アザレア」が 発売されていますが、この作品の聴きどころや拘った点を教えてください。
再録も含め6曲を収録しているのですが、どれも僕たちの自己紹介のようなバラエティに富んだ作品になっています!
Leben Chariotを知らない人もこれを聞いたら説明はいらないのでは…?と思うくらい個性が出ていますので是非お手にとって下さいね♪

Q.同作品に収録の「Reverse」がYouTubeにて公開されていますが、こちらはどのような楽曲になっていますか?
Reverse は僕たちが初めて作った楽曲で、
昔の熱い思いを再燃させるような、勢いの有る楽曲になっています!
気になった方はYouTubeで公開しているのですが是非お聞きになって下さい♪
また新曲「Iris」はpvも公開しているので是非ご覧になって下さい♪

Q.最後に、改めてファンの皆様へメッセージをお願いいたします。
どうもLeben Chariotです♪
みんな愛してるよ♪❤︎

-------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


4/10公演出演アーティスト「ニーナ」short interview!

4/10公演に向けてのインタビュー企画、トリを飾るのは初出演の「ニーナ」の皆さんです!

---------------------------------------------------------------------------

Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。

祐:ニーナのVoice.祐-tsk-でぃす、名古屋からですが場にいる全員で楽しめる最高にぱーりーな時間を作りたいので

誰のファンでもみんなで盛り上がりましょう!よろしく!

玲依:ニーナのGtの玲依です\m/

ニーナの曲はジャンプ多めなんで運動には丁度いいですよ♪

みんなで一緒に楽しもう\m/

桔梗:ニーナのBass.桔梗です

みんなと一緒に最高の時間を共有したいと思ってます

楽しもうね

 

Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください!

バンド名の由来は…んー、なんというか勢いと語呂の良さと字面が気に入ったのでって感じです

コンセプトは…とにかく楽しく皆でElectro Rock Party!!イェー!!

 

Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください!

とうきょーーう!待ってろよ!

名古屋からブチかましに行くから踊る準備しといてくれー!

 

Q.現在初のMV「Emotional Masquerade」が 公開されていますが、この作品の聴きどころや拘った点を教えてください。

Emotional Masqueradeはニーナの現在ある楽曲の中で一番EDM要素が強い一曲です。

全体を通してtrackの格好良さ、そしてギターとベースが混ざり合ってEDMとバンドサウンドの絡み合いの格好良さを感じ取ってもらえたら嬉しいです。

やはりEDMという事で音には拘りました。日本で流行りの音だけでなく、コアな音などもふんだんに取り入れているので是非聴いてみてください。

 

Q.名古屋を拠点に活動されているとのことですが、今後東京での公演も増えていくことを期待しても良さそうでしょうか?

はい、もちろんです!

名古屋拠点ですが、ニーナというバンドをたくさんの人に知ってもらいたい聴いてもらいたいので

東京での公演も徐々に増やして行きたいと思うので是非見に来てください。

 

Q.最後に、改めてファンの皆様へメッセージをお願いいたします。

名古屋拠点に大阪、東京、はたまたもっと遠い場所へと色々なライブハウスで、活動していきますが

今後ともニーナを応援よろしくお願いします。

そして友達にニーナをオススメしてライブに連れて来てくださいませ!きっと満足させてみせます。thx

-----------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


4/10公演出演アーティスト「メリーバッドエンド」short interview!

いよいよ開催間近の「TOKYO解放区 #6」今回は2月に続き出演の「メリーバッドエンド」の皆さんにお話を伺いました!

-----------------------------------------------------------------------------

Q.前回2/17に引き続きの出演になりますが、前回の手応えはいかがでしたか?

ロキ「 楽屋が広くて良かった。」

 

Q.今回、2/17から更にパワーアップして点があれば教えてください!

No.666「 ゆがっちの色気だね♪」

贖いのスカーフェイス「…ネムタイ。。」

奇凛「奇凛てんの天使度!」

ロキ「こいつ等の馬鹿さ加減。」

ヒロム「和装洋装と2つの新たな衣装になりました。」

 

Q. 「TOKYO解放区」以外にも都内のイベント出演が増えているようですが、本拠地名古屋に続いて東京での反響はいかがでしょうか?

ヒロム「徐々に東京もネ申略して来ているのではと。」

ロキ「東の都は悪ふざけするとすぐ怒られるしすぐ職務質問されるのだ、世知辛い。」

 

Q.5/17のシングル2作品同時リリースに向けて既にインストアイベントも開催されているようですが、

ヒロム「東京では既に2本終わってしまったのですが、5/16、6/14、7/7とまだ3本残っているので、興味のある方は是非。」

贖いのスカーフェイス「メスタベタイ・・・・・・ ナァ..」

 

Q.最後に、改めてファンの皆様へメッセージをお願いいたします

奇凛「きりんてんが一番目立つのでみんなよくみとけー!」

No.666「「TOKYO解放区」ということで全てをさらけ出しにおいで!ゆがっちがありのままの君を愛してあげるよ♡」

ヒロム「6/24、恵比寿のclub AIMにて2部制ワンマンがあります。興味を持たれた方は是非。」

贖いのスカーフェイス「 グゥ・・・・・・。。(寝てる)」

ロキ「……。(会場がサイバーなのに逆ダイ曲をセトリに入れてしまった…頑張れネ申巫共。)」

----------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


4/10公演出演アーティスト「Onykixx」short interview!

続いては「TOKYO解放区」おなじみになりました「Onykixx」の皆さんです!

---------------------------------------------------------------------------------

Q.前回3/13に引き続きの出演になりますが、前回の手応えはいかがでしたか?
美弥「Onykixxでの初めてのサイではおなじみにバーは暑かった…」
 JUN「そこっすか??(笑)オレは結構遊べましたね♪」
kobato「オレはいないけどな!!」
美弥「ちゃんと紹介したやんか♪」
kobato「追悼ライブかよ!!」
Izumi「広かったなぁ…kobaちゃんの真似して遊んでたよ(笑)」
KENSUKE「もう少しリズムキープできるように…」

Q.今回、3/13から更にパワーアップして点があれば教えてください!
美弥「やっぱりいなくても存在感のあるkobatoかな??」
 kobato「オレ死んでないっすよ?」
美弥「アレまたやるから!」

Q.新フライヤーも完成したようですが、こちらの反響はいかがでしょうか?
美弥「手に取って見てくれてる人もいるのでとても嬉しいです♪どんどん持って帰って♡ワンパン折りならゆるす♡」

Q.4月はライヴ数も増え更なる精力的な活動が期待されますが、今後もこの勢いに乗っていけそうでしょうか?
美弥「ボクらロックやもんね♪ガンガン色んなところに出現するよ♪」
 Izumi「1曲目からかっとばしてる美弥ちゃん。どーなる事やら…(-人-)ナムナム…」
Q.最後に、改めてファンの皆様へメッセージをお願いいたします。
A.これからもOnykixxをよろしくお願いします。同じ曲でも聴く度にドンドン進化する楽曲をお楽しみ下さい。

-----------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


4/10公演出演アーティスト「DEGENE」short interview!

4/10に向けてのインタビュー、第3弾は前回に引き続き出演の「DEGENE」の皆さんです!

------------------------------------------------------------------------

Q.前回3/13に引き続きの出演になりますが、前回の手応えはいかがでしたか? 

蕚:数度行われているこちらのイベントさまに参加させていただくので緊張していたのですが、会場も暖かく気持ちよくライブができました。

千景:色々な楽しませ方のバンドさんがいて、勉強になりました。

煌:そうですね〜、少し大人しくやり過ぎたかなと思いますね笑

今回は容赦なく飛ばして行く予定です!

 

Q.今回、3/13から更にパワーアップして点があれば教えてください! 

 

蕚:新曲を加えたので、さらにセットリストが凶悪になっているかと。 聞いてもかっこいい曲ですが、ぜひ暴れ倒して下さい。

雪那:新曲をセトリに入れたのでさらに楽しんでいただけたらと。 俺らの世界観が強く出ている曲です。

きせき:ノリやすいセトリなので前回よりもライブ映えするかと

千景:セットリストに新曲が加わり、その曲ではスラップも混じえて弾いています。

煌:曲に関してのクオリティーなども上がって、パワーアップもそうなのですが、今回は新曲を一曲入れているので、覚えていただければ嬉しいです!!

 

Q.先日公開された「(In)Sanity」の音源が1000再生を突破したと拝見しましたが、こちらの反響はいかがでしょうか? 

蕚:ちらほらとDEGENEの名前を会場などで聞くようになり、名前が浸透してきたなという実感が持てるようになりました。

雪那:いい感じに馴染んでくれてると思います。みんなで初RECした曲なので思い入れも強いですね。

煌:正直びっくりしました(笑) それだけ沢山の人達に聴いていただけているんだな〜と思いました!

 

Q.最後に、改めてファンの皆様へメッセージをお願いいたします。

蕚:初見の方もそうでない方も全員の愛を僕に下さい。全員まとめて愛してあげます。

雪那:経験を積むごとに進化していく自分たちを是非ご覧になってください。前回とはまた違う景色が見られると思います。

きせき:DEGENEとしての音楽性をこれからも追求していきますのでこれからも応援よろしくおねがいします。

千景:まだまだ経験の浅いバンドですが、一歩ずつ自分たちの目指す表現を突き詰めていきます。

煌:今回は全体的に一味変わったDEGENEを見て聴いて覚えていただければと思います!

最初から容赦無しでかっ飛ばしていくんでよろしく!!!

---------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


4/10公演出演アーティスト「Insanity Injection」short interview!

4/10公演に向けてのインタビュー企画、第二弾は「Insanity Injection」の皆さんです!
------------------------------------------------------------------------------------------
Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。
狂華 (Noise➕Voice)
ケイオス (Vocals)
魔琴 (Guitar)
秀暁 (Bass)
 
Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください!
狂気を注入をテーマにこの世におけるあらゆる事件について人々の心奥底に秘める感情を様々な角度から表現。
Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください!
狂華: 俺達の曲を聴いて心の奥底に秘めるいろんな感情をそれぞれの形で表現せよ。。そして暴力的に叫べ。。
ケイオス: 今回は初めての方が多いかと思いますが、遠慮なくご堪能いただきたいですね。暴れてもじっとみていても楽しめるステージになっております。
魔琴: Insanity Injectionとしては初めての池袋サイバー。他にない世界観で会場を魅了したいと思います。
秀暁: 全力でライブするので是非見てください
Q.現在1st mini album「Psychotic Cabaret」が 発売されていますが、この作品の聴きどころや拘った点を教えてください。
狂華: より深く世界観を感じてもらう為に様々な感情を声にして注入している。。
特に代表曲であるRe:incarnationは狂気的な感情だったり悲哀的な感情だったり苦しい感情だったり様々な感情を細かく声にして注入する必要があった。。
ケイオス: 曲それぞれのストリーに合わせてアレンジや歌い方に拘ってきました。共通のコンセプトはありますが、曲によってだいぶ雰囲気が変わりますので飽きない作品になっていると思います。撮影の時にメンバーそれぞれが一曲ずつを表現していますので、写真や歌詞を読みながら聴いていただきたいですね。
魔琴: 初めてInsanity Injectionの楽曲を聞く方にもとても聴きやすい仕上がりになったと思いますので必ず一度は聞いてみてほしいですね。
ギターに関してはメインギターの他に普段使わないギター等も全部で5本使用したのでギターサウンドに注目して聞いてみても楽しめると思います。
秀暁: 全曲細部にまでベースプレイも拘ってます。良い音が出せる環境で聴いてくれると嬉しいです。
 
Q.最後に、改めてファンの皆様へメッセージをお願いいたします。
狂華: メンバー皆で新曲の制作中だ。。より一層俺達の世界観をさらに深めた作品に仕上げ俺達でしか表現できない作品にするぜ。。
ケイオス:  ライブでしか表現出来ないことがまだたくさんあるので、これからもついてきてください。
魔琴: なかなかライブに来れないというファンの方の声も聞いたりするのですが音源とライブが全く別物を体感できるバンドだと思うのでなんとか予定合わせてライブにも足を運んでいただけたらと思います

 

秀暁: 少しでも興味を持ってくれた方には是非ライブに来ていただきたい。いつも応援してくださってる皆様本当に力になってます。いつもありがとう!
--------------------------------------------------------------------------------
ありがとうございました!

4/10公演出演アーティスト「Violet `G` Queen」short interview!

まもなく開催の4/10公演、インタビュー企画の第一弾は「Violet `G` Queen」の皆さんです!
----------------------------------------------------------------------------------
Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。 
KAI(vocal)
最近、自宅のワークスペースを
大改造して音楽が作りやすくなりました。
YUKI (bass)
Violet G Queenのリーダーです。よろしくお願いします。
TAKA (guitar)
早くLIVEで皆様にお会いできるのを楽しみです。
RYUSEI (guitar)
一緒に暴れましょ。
HARRY (drum)
僕らのLIVE楽しんでってね。そして気に入ってもらえたら嬉しいです!
Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください! 
名前の由来はまず、色がついた名前がいいかなと思って思いついたのが、Violetで、次にGがいろんな意味を連想するようにつけて、最後のQueenは歌詞が女性目線で書いてますのでQueenとつけて、合わせてViolet G Queenとなりました。
コンセプトは僕達90年代の音楽が好きであの時代の音楽シーンをもう1度僕達でやろうと、Respect 90s で謳ってます。
Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください! 
僕達の事1人でも多くの人が覚えて頂ければと、見所は各々個性の塊でみてて楽しんで頂けるかと。
Q.先日結成4周年を迎えたとのことですが、4年間で印象に残ったエピソードなどあれば教えてください! 
あっという間の4年間でしたね!
年数を重ねる度にメンバーの絆が深まって今とてもいい状態ですね
印象に残ったエピソードは、一度メンバー全員で
ライブ後に銭湯行ったんですけど、それからライブ後に銭湯いくことが
定番化しちゃった事ですかね。
Q.最後に、改めてファンの皆様へメッセージをお願いいたします。
曲聞けばわかると思いますが、僕達いろいろなジャンルを演奏してます。絶対はまるので全曲聞いてくださいね!
後、間もなく公演される美女と野獣、僕達カバーしてみたのでお楽しみ!
--------------------------------------------------------------------------
ありがとうございました!

3/13公園出演アーティスト「ZAKLIA」short interview!

3/13公演のインタビュー企画、ラストは「ZAKLIA」の響牙さんです!
----------------------------------------------------------------------------------
Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。 
ZAKLIAのVoice 響牙(きょうが)です。
Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください! 
響牙:最初ザクレロだったのが、響きを追求するうちにZAKLIAになりました!
コンセプトはホラー、猟奇的、暴れ、奇妙、心理学、メタルコア、等です。
Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください!
響牙:割とキラキラされている方が多い?イメージなので、どれだけキラキラでいけるか追求しようと思います(笑)
Q.最新シングル「ヘソノヲ」がYouTubeで公開されていますが、この作品の聴きどころやこだわりを教えてください! 
響牙:ミュージカルっぽくセクション毎に場面を想像できる作品だと思うので、
ドロドロした情景を歌詞から想像して聴いてほしい。
Q.4/13に新宿club SCIENCEにて主催イベントが開催されるようですが、この日はどのような一日になりそうですか?
響牙:ZAKLIAの今後が見えてくる一日ですね。
披露するであろう新曲「樹海ロープ」「ぜつぼうのドア」楽しみにしていてほしい。 
Q.最後に、改めてファンの皆様へメッセージをお願いいたします。
響牙:君がいなければ音楽をやる意味もありません。
だから、会場へご来暴お待ちしております!

------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


3/13公演出演アーティスト「DEGENE」short interview!

いよいよ明日開催の「TOKYO解放区 #5」、続いては初出演となる「DEGENE」の皆さんにお話を伺いました!

------------------------------------------------------------------------------------------

Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。
蕚:Vo.の蕚(ウテナ)です。おぼえにくいかもしれませんが、よしなに
雪那:ギターの雪那です。音楽のルーツはアメリカとJ-ROCKです。よろしくお願いします。
きせき:ギターのきせきです。静かな音楽が好きです。よろしくおねがいします
千景:DEGENEのベース担当、千景です。
煌:初めましてDEGENEのドラム担当煌です。元気だけが取り柄です!!!

Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください!
蕚:退廃、変異を表すDEGENERATEからとっています。退廃的な美を孕みつつ攻撃的な変異をしていければという意味を込めての名前です。

愛するが故の半感情をコンセプトに、嫉妬、憎しみ、憂いなどを切なく、時に激しく表現しています。

Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください!
蕚: 始動したての僕らですが、先輩方に負けず、会場全部を巻き込むようなライブをしたいと思っております。
千景:良くも悪くも発展途上のバンドです。
これからどう大きくなっていくのか、楽しみながら観ていただけたら幸いです。
煌:誰が見ても一番印象に残るような演出、ライブが出来たらと思っています!!!

Q.12/31に始動したばかりの新バンドとのことですが、始動して何か以前と変わったことはありますか?
蕚:とにかく僕ら一同イベントごとに先輩方のライブを拝見して、刺激ばかり受けています。
まだまだ勉強すべきところはたくさんあるなぁと再発見の日々です
雪那:より作曲でフレーズごとに妥協せず練り込むようになりました
千景:これまでずっと3フィンガーで弾いていましたが、このバンドを始めてからはピック弾きをメインにしています。
きせき:生活習慣がかわりました。以前は引きこもってばかりでしたが、始動してからは外に出る機会が増えました

Q.期間限定で無料配布音源「(In)Sanity」のFull ver.が公開されていますが、この作品の聴きどころやこだわりを教えてください!
蕚 攻撃的なツインリードにのせたシャウトや、切ないメロディ、ブレイクダウンなど、

展開がめまぐるしく変化していくので聞いていて飽きないと思います。
暇があったら歌詞にも注目して聞いてみてください。聞くのを注目というのも変かもしれませんが笑
千景:ベーシストなので、サビのベースラインと言っておきます。このデモ音源ではベースの音が殆ど聴こえませんが、ライブではハッキリと聴こえてくる筈です。

Q.最後に、改めてファンの皆様へメッセージをお願いいたします。
蕚 これから止まらずにどんどん進化していき、DEGENEの世界を広げていきたいと思いますので、これからも僕の事を愛してください。
雪那:みんなと一緒に、自分たちの世界を表現できて幸せです。これからもそんな世界を作り続けていきますので、是非、観て聴いて、圧倒されてください。
きせき これから新曲やPV等発表していきます 皆様の心に響く音楽を届けられたらと思います 当日会場でお待ちしております
千景:まだまだ未熟なバンドですが、応援していただいている皆様方と一緒にもっと成長していきたいです。
煌:結成してまだまだ短いですが、各々の味を生かしつつ最高の物を作りあげて行きます!ライブでは容赦しないので気合い入れていきましょう!!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


3/13公演出演アーティスト「Onykixx」short interview!

続いては「Onykixx」の皆さんにお話を伺いました!もう3回目のご出演!中の人も楽曲を少し覚えました!(笑)

-----------------------------------------------------------------------------------

Q.今回で3度目の出演になりますが、前回の手応えはいかがでしたか?
美弥:「どんどんお客さんの反応も良くて、子鬼ちゃんが増えていい感じ♪」
JUN:「子鬼ちゃん??」
美弥:「子鬼ちゃん♡」
kobato:「Onykixxのファンだから子鬼っすね♪」
izumi:「前回のは、ぼちぼちでんがな」
KENSUKE:「みんなと関係ないけどあれから少し腰痛気味です(笑)」

Q.前回のステージを見せていただいて、初回より更にオーディエンスの盛り上がりを感じました。この辺りは何か工夫された点などありますか?
美弥:「基本勢い大事やんね♡」
JUN:「慣れってのもありますけど、」
kobato:「オレのマンソンがいい影響を与えました(笑)」
izumi:「マンソンが目の前いたから、オレは下を見ない」
KENSUKE:「初回の時は固かったのでその反省を踏まえつつライブに臨みました

Q.これも何度か見ていて感じたことですが、Onykixxは何度か繰り返し聴くことで新たな発見ができる楽曲が多いように感じます。これも何か意図してそのような曲作りをしているのでしょうか?
美弥:「ボク達スルメバンドやもん♪」
JUN:「噛めば味が出る??」
kobato:「それってそのうち飽きますよね??(笑)」
izumi:「サブリミナル効果の研究をしています」
KENSUKE:「日々練習です」

Q.先日撮影を行ったとの情報を拝見しましたが、この先も新たな展開を期待できそうでしょうか?
美弥:「もうばっちりよ♪」
JUN:「初めてでしたけど楽しく撮影できましたよ!」
kobato:「訳あってオレはいなかったんすけどね(笑)」
izumi:「...はい」
KENSUKE:「音源やグッズなども作っていきたいですね」

Q.最後に、改めてファンの皆様へメッセージをお願いいたします。
美弥:「今回もヘアメ変えちゃうから楽しみにしててね♡」
JUN:「もしかしたら新曲やるかも!?」
kobato:「まぁオレは訳あっていないんですけどね(笑)」
izumi:「ここは流石に自分で書きましょうよ(ゴーストライター)」
KENSUKE:「ライブに来て貰って曲も覚えて貰えると嬉しいです」

------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


3/13公演出演アーティスト「Lugnarock」short interview!

3/13公演に向けて、1月に続いての出演となる「Lugnarock」の皆さんにコメントをいただきました!

---------------------------------------------------------------------

Q.1/13公演に引き続きの出演となりますが、前回の手応えはいかがでしたか?
藍「懸念していたことがいろいろと起こってしまい、課題点をたくさん叩きつけられたライブでしたね」
紅 「バンドの在り方を考えさせられるステージでした」
翔 「課題や改善点などが見えてきました」
リク「不完全燃焼」
玲  「課題がはっきり見えてきたライブだったと思います」

Q.前回は非常に華のあるステージが印象的に感じましたが、オーディエンスの反応はいかがでしたか?
藍「先程も言いましたが、懸念したことが起こってましたね。それにより、自分に責任を感じてしまったファンの人が居たんです。

その人は何も悪くないのに・・・。とても申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

良い方面の話では、自分の作った曲を良いように評価してくれた方が居たらしくて、嬉しかったですね。」
紅 「僕的には未熟な演奏にアクションを起こしてくれる方々がいたという事実をただ噛み締めておりました
嬉しいのですが素直に喜べない僕がいたのも確かでしたので、精進するのみなのだとと思わされました!」
翔 「こちら側からももっと乗り方を提供していけるようにしたいと思いました」
リク「 全然良くなかったですね」
玲 「自分たちだけが楽しんでいた感じがあるのでファンとのコミュニケーション的な部分をもっと考えなければいけないと思いましたね」

Q.新たなアーティスト写真が公開されていますが、こだわった点などあれば教えてください
藍「こだわったというか、ポイントを強いて挙げるなら、全体アー写の表情と左手に見える血管。個人写では右手の手相でしょうか(笑)」
紅「僕は普段やらないような事にチャレンジしたんですよ!
イソギンチャクのような髪型!冒険でしたね!楽しかったです笑」
翔 「初アー写でしたのであまり余裕がありませんでした」
リク「左を向く」
玲 「手をどこにどう置くかすごい迷いましたね(笑)」

Q.今回のライブへの意気込みをお願いします
藍「素晴らしい一日になれば本望です」
紅「僅かでも成長出来たら本望です!」
翔「楽しんで頂けるライブにしたいです!」
リク「一番かっこ良かったて思ってもらえるように頑張る」
玲「今後に繋げられる内容のライブに出来たらと思ってます」


Q.最後にファンの皆様へメッセージをお願いします
藍「全てを感じ取って欲しい。よろしく!」
紅「インフルエンザには気をつけて下さいね」
翔「ライブの後は素早く帰って寝ましょう」
リク「ずっと見てて」
玲「まだまだ成長段階ではありますが今出来ることをしっかりやっていきたいと思ってるので応援よろしくお願いします!」

------------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


3/13公演出演アーティスト「Free Aqua Butterfly」short interview!

いよいよ開催まで一週間を切った3/13公演に向けて、今回は「Free Aqua Butterfly」の柚葉さんにお話を伺いました!

------------------------------------------------------------------------------------------

Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。
Vo. あきら
Gt. punch
Ba. 早希
Dr. 柚葉

Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください!
A.好きな曲をしたり、好きな時にライブをしたり、、、自由に羽ばたけるような音楽がしたい!!!そんな由来、コンセプトになってます(๑˃̵ᴗ˂̵)!

Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください!
A.見所はとにかく楽しい!ところです!
サークルモッシュもしたりするので走って走って楽しんじゃいましょー!(๑•﹏•๑*)

Q.最新シングル「LOVE SUMMER GAME」のMVが公式HPで公開されていますが、この作品の聴きどころ・映像の見所を教えてください。
A.聴きどころはポップで明るい曲になっているので、聴いていて楽しいですし嫌なことも忘れられるかもしれないですね
見所は、、夏!海!!恋!!!サマー!!!!って感じです!
ここまで言っておいて僕はこのMVにはいないのですけどね、、、

Q.最後に、改めてファンの皆様へメッセージをお願いいたします。
A.新メンバーも加えてこれからもどんどん前に進んで行こうと思っているのでFree Aqua Butterflyをこれからも応援よろしくお願いします!!!
-----------------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


2/17公演出演アーティスト「Difade.」short interview!

2/17に向けてのインタビュー企画、大トリは「Difade.」の皆さんです!

--------------------------------------------------------------------------------------------

Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。

Difade.Vocal.雫-SiZuKuです。

Difade.Gt.ゆうです。

Difade.Ba.翔叶です。

Difade.サポートDr.やまとです。

 

Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください。

Difade.の由来は秘密です。

公開されるその日までのお楽しみですね。

バンドのコンセプトは「個性と自由」ですかね。それは由来にも結びつくのですが決して飲み込まれる事がないDifade.という言わば音楽ジャンルを作っていこう。みたいな。形に捉われない自由さこそが俺らDifade.の良さですね。

 

Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください。

雫-SiZuKu「Difade.として2/16 渋谷REXさんでデモ始動し2Daysのこのライブ。応援してくれているみんなにとっても俺らにとっても最高のライブにしたいですね。

見所を強いて言うなら「勢い」と「Difade.らしさ」を少しでも感じとって貰えたらなと思います。特に曲の幅の広さは見所かもしれません」

翔叶「うん、確かに曲こそ多い訳では無いけど曲の振り幅の広さは俺らの強みではあるよね、

俺個人としてもバンドとしてもそうなのですが俺らの伝えたい世界感を徐々に完成させていけるようなライブにしていきたいですね。

あとしずくんの歌っているメッセージというか内容というか、それを感じてもらえるライブにしていきたいですね。

うん、そこに尽きるかな。」

ゆう「2/16からDifade.デモ始動という事で、まだまだ僕のことやバンドのことを知らない人が多いと思いますが、Difade.らしさを見せられたらな、と思います!」

 

Q.2/16より「Starry Sky~君と交わした約束~」が公開になっていますが、この楽曲の聴きどころを教えてください。

雫-SiZuKu 「ここまで把握してくれているとは有難いですね。

2/16 渋谷REXさんでのデモ始動と同時に公開された1stSingle無料配布音源「StarrySky〜君と交わした約束〜」の聴きどころは曲の波とサビや歌詞ですかね。

音源ももちろんですがライブでのこの曲もまた違った風に聴こえると思うので是非ライブに。笑」

翔叶「しずくんの歌とメッセージですね。多分俺らん中で一番濃い個性の1つだと思いますね。」

ゆう「Difade.の曲の中でも同期を沢山使っている曲なので、是非そこを聴いて頂きたいです!」

 

Q.今後も新曲の発表など、精力的な活動を期待しても良さそうでしょうか?

雫-SiZuKu「そうですね。今後においても新曲の発表やDifade.としての活動は止める事なく進んでいこうと思ってます。この先になにがあっても待ってくれている子達のためにも俺らは止まってはいけない気がするから」

翔叶「兎も角隠された曲が今いっぱい有るのでそれを形にして世に提示していきたいですね笑

いっぱいありますよ笑

ひたすらノらせる曲から聴かせる曲まで。

待って頂いてるコは是非楽しみにして頂きたいですね。」

ゆう「まだまだ曲数は多くは無いですが、これから沢山いい曲を作っていきたいと思います!」

 

Q.最後に、今後の活動の展望や目標をお願いします。

雫-SiZuKu「今後のDifade.がどのようになっていくのかは俺らにすら未知数だけど確かに言える事は成長していく過程をみんなには見ていて欲しいですね。目標はもちろん「Difade.」というバンドの存在をできるだけ多くの方々に知ってもらう事です。時間がいくら過ぎ去っても色褪せる事がない曲を届けていきたいですね。」

翔叶「兎も角目を離さないで頂きだきたいですね。

これから曲もバンバン出していくし色んな所でも早速ライブしちゃおうと思ってるので今年目を離せないバンドの1つにしていきます!笑」

ゆう「この世代なら誰でも知ってる!みたいなバンドになりたいです。」

-------------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


2/17公演出演アーティスト「メリーバッドエンド」short interview!

2/17に向けてのインタビュー企画、続いて名古屋より参戦の「メリーバッドエンド」の皆さんにお話を伺いました!

--------------------------------------------------------------------

Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。

ロキ「黄昏よりも昏き存在(もの)、血の流れよりも赤き存在(もの)…混沌を統べしネ申。ロキ様だ♡」

奇凛「最近「かわいい女形でてきた」ってよく聞くけど、その正体はおれだおれだれだー!奇凛ちゃんです。」

ヒロム「真・人間のヒロムです。なぜ「真」なのかはネット等を見てもらうと分かりますが、大人な事情です。」

No.666「魔獣のNo.666(ゆがっち)だよー!」

贖いのスカーフェイス「………。(寝てる)」

 

Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください。

ロキ「特に無い(スカーフェイスを蹴る)」

奇凛「おれだおれだおれだおれだ!」

スカーフェイス「…………?(起きた)」

No.666「会場に居る皆が笑顔になれるライヴにしちゃうよー!ゆがっちに視線飛ばしてくれたら目一杯かまってキュン死にさせてやる♡」

ヒロム「2017年、メリーバッドエンドの東京侵略における第1歩になればと。」

 

Q.5/17にニューシングル「君が世は」、「kiss me, girl,and your old one」が2枚同時リリースになりますが、それぞれの聴きどころを教えてください。

奇凛「奇凛ちゃんの可愛い顔と容姿。」

スカーフェイス「… …オレ.」

No.666「ドラム!」

ロキ「ソイヤ」

ヒロム「同時リリースではありますが、2面性と言うよりも、それぞれの世界観や曲を聴いて感じて貰えれば嬉しいです。ライブでも然り。」

 

Q.6月には東京での初ワンマンライヴも控えているようですが、どんな一日になりそうですか? 

奇凛「奇凛ちゃんが可愛すぎて忘れたくても忘れられない1日になりそう。」

ロキ「奇凛のドジで開場が遅れて忘れられない1日になりそう。」

No.666「奇凛ちゃんのドジで機材トラブルが起きて忘れられない1日になりそう」

スカーフェイス「キリン…ネボウ…」

ヒロム「メリバ初の東京ワンマン、そして2部制です。チケットもそれぞれ売ってるので1部、2部だけでも、もちろん通しでも楽しめる日にしたいです。」

 

Q.最後に、今後の活動の展望や目標をお願いします。

ヒロム「僕個人としては、地元である大阪でイベントをやりたいです。」

スカーフェイス「タクサンメ…ス…タベル…ヘヘヘッ」

No.666「もっともっと人間の、特に可愛い子ちゃん達のハートを奪いにいっちゃうよん♫」

奇凛「奇凛は有名になりたいな!してくれなかったらバンギャルちゃん達の番号片っ端から調べて無言電話するね...」

ロキ「秘密♡先に話してしまったら面白味が無かろう。まぁ愉しみにしてるが良い!ふはははははははは!!」

------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


2/17公演出演アーティスト「Onykixx」short interview!

2/17に向けてのインタビュー企画もいよいよ佳境、今回は二度目の出演となる「Onykixx」の皆さんです!

---------------------------------------------------------------------------------

Q.前回1/13に引き続きの出演になりますが、前回の手応えはいかがでしたか?
A.
美弥:「初めて見たお客さんからも良かったと言われて、楽しいライブだったなぁ」
JUN:「Onykixxの都内でやる初めてライブだったけどよかったよ」
kobato:「手応えとかよく分かんないけど楽しめたかな」
izumi:「ライブ後の博多西通りプリンが美味しかった!」
KENSUKE:「楽しかったのでライブしたい衝動に駆られてます」

Q.今回、1/13から更にパワーアップした点があれば教えてください!
A.
美弥:「コバちゃんのピアスの量に注目(笑)」
kobato:「美弥くんの通り、髪をがっつり切ったから耳が丸見えに、、、」
izumi:「コバちゃんの耳が増えてからのKENちゃんは??
KENSUKE:「シンバルを一枚増やすかもです。」

Q.前回公演のライヴ映像もYoutubeにて公開されていましたが、こちらのお反響はいかがでしょうか?
A.
美弥:「見てくれてる人からのメッセージもあってね♪これからもいっぱい見てよ✩これで夜襲・復讐バッチリ♡」
izumi:「b×2」
KENSUKE:「キズモノって曲が詩とメロディーが一新されてお勧めです。ドラムも自由に叩かせて貰っているので是非聴いてみてください。

Q.新曲も製作中とお聞きしましたが、次の楽曲はどのような作品になりそうですか?
A.
美弥:「これは、ボク達好みにより過ぎた楽曲(笑)」
JUN:「オレの好みで作った曲なので、重くてカッコイイ曲になると思うよ」
kobato:「いい感じに暴れられそう、早くやりたい」
izumi:「so wicked.」
KENSUKE:「激しいですがサビが美しい楽曲です。」

Q.最後に、改めてファンの皆様へメッセージをお願いいたします。
A.
美弥:「これからも解放区には遊びに来るから、みんなも遊びに来てね♪」
kobato:「とりあえず遊びに来てほしいです、やっぱ生でライブ見て欲しい」
izumi:「ゆっくりしていってね!!!」
KENSUKE:「進化するOnykixx を楽しんでください!」

-------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


2/17公演出演アーティスト「パラポネラ」short interview!

インタビュー企画第3弾は「パラポネラ」の皆様にコメントをいただきました!

----------------------------------------------------------------------------------------------

Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。

A.ボーカル光孝です。

ギターの樂です。

ギターのRitsuです。

ベースのしげ鈴々です!

ドラムのタウお兄さんだよ。

 

Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください。

光孝「パラポネラは世界一アゴが強靱な蟻の名称。

一度音やライブにふれたら、お客さんに噛みついて離れない衝撃を与えたい。」

 

Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください。

樂「僕が見てきた先輩たちのバンドや対バンでみたかっこいいバンドから受けた衝撃を僕も伝えられるような熱いライブをしたいと思ってます。

ステージにはメンバー一人一人の想い、気持ちがでてるのでパラポネラを楽しんでってくれ。」

 

Q.3/15に1st single「ナイトイン クローリー」が発売になりますが、この楽曲の聴きどころや映像の見所を教えてください。

Ritsu「イントロやサビのシンセサウンド、Bメロの激しいフレーズからサビのメロディアスなボーカルフレーズ等曲の世界観を楽しんで貰えたらと思います。

MVでも曲の世界観を表現出来たと思うので注目して聴いて欲しいです。」

 

Q.また3/2にはこのリリースを記念して新宿RUIDO K4にて主催イベントが開催されるとのことですが、この日はどんな一日になりそうでしょうか?

刺激「3/2は、僕たちパラポネラにとって大事な一歩。

大事だからこそ、守るのでは無く攻撃的スタンス

噛みつく音楽

噛音(ゴウオン)が、体感できるだろうさ」

 

Q.最後に、今後の活動の展望や目標をお願いします。

タウ「天下統一を目指すよ。」

-----------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


2/17公演出演アーティスト「zicross」short interview!

2/17へのインタビュー企画、続いてはzicrossの如月さんにコメントをいただきました!

--------------------------------------------------------------------------------

Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください。

A.如月「秘密です。 」

 

Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください。

A.如月「頑張ります。」

 

Q.現在、2nd single「偽り姫」のPVが公開されていますが、この楽曲の聴きどころや映像の見所を教えてください。

A.如月「サビが、素敵です。」

 

Q.始動から短期間で2作品のPVを公開されていますが、バンドとして映像制作への拘りがあればお聞かせください。

A. 如月「拘りというか、少しでも多くの方に聴いていただきたい。

少しでも多くの方の心をしびれさせたい。そのための映像だと思っております。」

 

Q.最後に、今後の活動の展望や目標をお願いします。

A.如月「精一杯、頑張ります。」

-----------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


2/17公演出演アーティスト「A clat Liberty」short interview!

2/17公演に向けてのショートインタビュー、第一弾は「A clat Liberty」の皆さんにお話を伺いました!

------------------------------------------------------------------------------------

Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。

ボーカルのjunaです。(以下ju)

ギターのsouです。(以下so)

ベースのsetsuです。(以下se)

ドラムのボンバイエです。

(一同笑)

shioです。(以下shi)

 

Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください。

(so)まずバンド名は意味を重視したものではなく響きがいいもので決めました。

最初の段階で単語は3つにしようと思ったかな。

直訳すると「一瞬の自由」ですね。

これはバンドで音出してる瞬間、LIVEを見てくれた人がそうあってほしいという意味です。

後付けです(笑)

コンセプトも一貫して決めると自由がきかなくなりそうなので、特に決めていませんが、

現段階では「過去」を歌ったものが多いです。

それは実体験の有無関わらずです。

振り返る事が多いかな。

 

Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください。

(se)今回東京でLIVEが出きる事、単純に嬉しいです。

僕ら初めて関東でLIVEをするので、正直期待と不安が入り交じっています。

見所については最近は凄くノリやすく解りやすくヘヴィでサビはメロディック

というのが多いと認識していますが、

僕らはほんまに『感覚』でとらえてもらいたい。

人が人を100%理解出来ないのと同じかな。

見所でいえば各メンバーそれぞれ個性があるので全部見てほしいです。

妖艶なボーカル、寡黙なギター、華やかなベース、おっきなドラム(笑)

(shi)だれがや!!!!パワフルな。やろそこは(笑)

 

Q.現在、会場限定single「追憶」が発売中とのことですが、この楽曲の聴きどころを教えてください。

(shi) この楽曲は実をいうと僕がsouちゃんと初めてであって一番最初にオリジナル曲で持ってきてくれた曲なんです。もう何年も前の話ですね。

 

最初に出すCDはほかにも候補があったけど、

思い入れが強かったし、どうしても1番最初にパッケージ化したかったんで、僕のわがままでCDにしました。

これを歌ったボーカリスト結構居ますよ(笑)

聴きどころはやはり「振り返る」部分です。

 

Q.普段は関西での活動が多いようですが、今後東京での活動も期待して良さそうでしょうか?

(ju)LIVEを見てくれたお客さん、CDを聴いてくれたお客さんが求めてくれるなら僕らは色んな所に行きたいですよ。

早くそうなってご当地の美味しいものを食べ漁りたいってshioさまウルサイから(笑)

(一同笑)

 

Q.最後に、今後の活動の展望や目標をお願いします。

(so)今後は単純に音源を皆様に届けたい。

聴いてもらって覚えてもらって

好きにノッてほしいし歌いたかったら大声で歌って欲しいし。

それを引っ提げて、また東京に戻ってきたい。

東京だけじゃなくて他の地域にも行きたいです。

なんせ

shioさまウルサイから(笑)

(一同爆笑)

-----------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


1/13公演出演アーティスト「Lugnarock」short interview!

1/13公演に向けてのインタビュー、ラストはLugnarockの皆さんです!

-----------------------------------------------------------------------------

Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。
藍:ヴォーカルの藍です。当面は紫の髪の人と覚えていただいても大丈夫だと思います(笑)
紅:上手ギターの紅です。トマトジュースは食塩入り派です!
翔:下手ギター担当の翔です。ラーメンと猫が狂おしいほど大好きな人です。
リク:ベース&雇われリーダーのリクです。ニーハイが狂おしいほど大好きな人です。
玲:ドラムの玲です。意外とゲームとかアニメが好きなオタクだったりしますww

Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください。
リク:Lから始まるバンド名にしたかったから!
紅:Lugnarockって字並びがカッコイイんですよね...(汗)
藍:決まるまではかなり時間がかかったのですが、まぁそんな感じです(笑)ちなみに、バンド名を決めた当初は翔と玲はまだ居なかったんですよね。

Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください。
藍:実は、Lugnarockとしての楽曲をやるのは、このイベントが初めてになるんです。なので、どんなライブになるのかとても楽しみですね。
紅:楽しむのはもちろん、観ていただく方々に少しでも印象付けられるようなステージを作ろうと思い
ます。
翔:不安なところも多いですが、そんな不安を吹き飛ばすくらい楽しんでいきたいと思います。
リク:バンドの皆さんと、そのファンの皆さんと仲良く楽しく出来れば良いですね。
玲:自分たちの楽曲でやるライブとしては初なので不安なところもありますが、どういうライブになるのかすごい楽しみでもあります。

Q.2016年12月に始動したばかりのバンドということですが、始動ライヴの反響などいかがでしたか?
藍:SNSでたくさんのメッセージを戴いたり、ライブのお誘いを戴けるようになりましたね。とてもありがたいです。
紅:イベントのお誘いが増えました!自分たちを魅せることの出来る場作って頂けること、有り難い限りです。
翔:ライブのお誘いが増えましたね。ありがたいことです。
リク:フォロワーが増えた

Q. 1月は撮影等もされると拝見しましたが、今後も精力的な活動を期待して良さそうでしょうか?
藍:そうですね。今年は曲をどんどん増やして、たくさんライブが出来たらいいなと思っています。
紅:Lugnarockという名前を1人でも多くの方に覚え地頂けるように爪跡を残していこうと思います。ご期待ください。
翔:これからとんどん活動を増やして、多くの人達に発信していきたいです。
リク:忙しすぎるくらい活動していきたいです。
玲:まだまだ始動したてで未完成なところも沢山ありますが、今後の活動で一つ一つ完成させていきたいです。

Q.最後に、今後の展望などファンの皆様に一言お願いいたします!
藍:ある意味ではこのライブが始動だと思っているので、都合が良ければ是非来てください。
紅:共にLugnarockを作っていけたらなと思っております。応援よろしくお願いします。
翔:暴れて楽しんで、一緒に最高のライブを作りましょう!
リク:セックス
玲:いいスタートを出来るようなライブをしたいと思っているので、是非見に来てください。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


1/13公演出演アーティスト「Answer:[]」short interview!

いよいよ2日後に迫った1/13公演ですが、今回はAnswer:[]の皆さんにお話しを伺いました!

--------------------------------------------------------------------------------------

Q.前回の12/15公演に続いての出演になりますが、前回ライヴの手応えはいかがでしたか?

シキ:機材トラブルが有り不完全燃焼だったので全力で頑張ります!

 

Q.前回、次の主催も決まっていると仰っていましたが、1/26に主催イベントが決まったようです。この日はどんな一日になりそうですか?

stk:一つ一つ課題をクリアしていい内容のライブにできるように日々精進してます!

 

Q.それに合わせてデモ音源も公開されています。こちらの聴きどころはどういった部分になりますか?

アスハ:全部です!!自分たちの現時点で出せるものをまとめて出せたと思います!

 

Q.最後に、改めてファンの皆様に一言お願いいたします!

莉兎:主催期待しててください!必ずいいライブ見せますので是非見に来てください!!

-------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


1/13公演出演アーティスト「Onykixx」short interview!

1/13公演に向けて、今回は初参戦のOnykixxの皆さんにお話を伺いました!

---------------------------------------------------------------------------------

Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。
Vo.美弥:唄い人ですし、4弦演奏者です。
Gt.JUN:セッションもやってるのでよろしく。
Gt.kobato:愛してください
Ba.izumi:強いて言うならパンが好き…
Dr.KENSUKE:。。。

 Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください。
A.このようなイベントに参加出来ることを光栄に思います。初めて聴くボクらの音楽を堪能してください。
 

Q.オールジャンルのフェスイベント に出演されるなど精力的な活動をされているようですが、こちらの手応えはいかがでしたか?
A.オーディエンスの反応も良く、楽しんでやらさせてもらってます。オールジャンルも、捨てたもんではありません。

Q.ライヴ映像をWeb上でアップされているようですが、反響はいかがでしたか?
A.特にボクらの楽曲「black out」はコメント頂いています。ぜひこの機会に聴いてみてください。

 

Q.最後に、今後の展望などファンの皆様に一言お願いいたします!
A.初めて聴く方がほとんどだと思います。どんな音楽を演奏し歌っているのか感じてください。
皆様にお気に召して頂けるかと思います。
よろしくお願いします。

----------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


1/13公演出演アーティスト「UnTraum」short interview!

1/13公演に向けてのインタビュー企画、第2弾は「UnTraum」の皆さんです!前回に続いての出演になります!
---------------------------------------------------------------------------------------------
Q.前回の12/15公演に続いての出演になりますが、前回ライヴの手応えはいかがでしたか?
(サキ)初めて見る方が多い中あたたかく迎えてもらえました。ありがとうございました。
Q.前回のライヴを拝見して、ガールズバンドとは思えない(と言っては失礼かもしれませんが)パワフルなステージに驚きました。この辺りはやはり意識して力を入れている部分なんでしょうか?
 (サキ)特に気にしているわけではありませんが、歌詞や曲の世界観を表現できるようなステージをお見せできればと思っています。
Q.好きな色はなんですか?
(サキ)青
(紫雨)黒
(asami)紫、
(MISAKI)白、ピンク
Q.嫌いな食べ物はなんですか?
(サキ)ピーマン
(紫雨)餡子
(asami)生姜
(MISAKI)ねぎ、たまねぎ、しいたけ、いっぱい!
Q.先日2/20の主催イベントについてお話をいただきましたが、3/14にも主催をされるようです。こちらはどんな一日になりそうでしょうか?
 (サキ)3月14日はDrums.MISAKIの生誕イベントになっています。
(MISAKI)出演バンド全部叩きますL(  ^ω^)」むきっ
Q.最後に、改めてファンの皆様に一言お願いいたします!
(サキ)いつもありがとうございます
(asami)これからもよろしくお願いします
(MISAKI)お菓子ちょーだい!

 

(紫雨)お身体ご自愛下さい。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


1/13公演出演アーティスト「LUX DIORL」short interview!

1/13公演の出演バンドインタビュー、第一弾はLUX DIORLの皆さんです!

---------------------------------------------------------------------------------------------------

Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします!

A.Voの屡威(ルイ)です。

Gtの蛍(ホタル)です。

Baの涅流(ネル)です。
Drの恭弥(キョウヤ)です。
Q.バンド名の由来、コンセプトを教えてください。
(屡威)コンセプトは特にありません。その場その時でやりたい事が変わるので
Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください。
(屡威)前のLIVEよりも、更に良いLIVEにすることが意気込みですかね。過去の自分達に勝ちたいので
Q.来る1/18公演をもって活動休止されるとのことですが、前向きな決断とのことで更なるパワーアップに期待しても良さそうですか?
(屡威)そうですね。決してこの活休は休むわけではなく、更にバンドを進化させるために日々の練習を詰め込む期間の訳ですから。
生まれ変わった自分たちを期待して待っていただければと思います。
Q.ライヴ映像をWeb上でアップされているようですが、これはどういった狙いがあるのでしょうか?
(屡威)うちのバンドって地方でも応援してくれる方がいるんですけど、今は東京を拠点にしているわけであって中々地方の方にLIVEを見せられないんですよね。
だからせめて映像だけでも見ていただいてLIVEを感じていただければと思い、掲載してます。
(蛍)いずれはツアーで地方を周りたいとメンバー間で話してますけどね
Q.最後に、活動再開を待つファンの皆様にメッセージをお願いします!
(LUX DIORL一同)この度LUX DIORLは1/18の高田馬場AREAをもって、暫く活動休止します。今のところ、活動再開の目処は立っていません。
ただ、必ずまた戻ってくる事を約束します。うちのバンドを好きにさせた以上は、最後まで責任を取ります。
だから、また再開するまで待っていてほしいな。これがうちらの本音です。
最後に、休止前のLIVEは後2本ありますが、暴れ尽くしましょう。LUX DIORLに遠慮何て必要ないから。これからも末長く応援宜しくお願い致します。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
ありがとうございました!

12/15公演出演アーティスト「LiDZ」short interview!

12/15公演に向けてのインタビュー、ラストはこの日をもって解散になってしまう「LiDZ」の皆さんにお話をいただきました!

--------------------------------------------------------------------------------------------------

Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。

絢斗「ボーカルの絢斗(けんと)です。」
翔「ギターの翔(しょう)です。」
Ryo「ベースのRyo(りょう)です。」

 

以下 絢、翔、R

 

Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください。

翔「今回のイベントでLiDZは解散となってしまんですが、最後にこのイベントに華をそえられるよう頑張りたいです」
絢「基本的に乗りやすく、キャッチーな楽曲達なので初見さんでもたくさん暴れて帰って頂けると思います(笑)特に最後の曲はしっかり聞いて帰っていただけたらと(笑)」
R「それね!いい曲だから是非みんなに聞いて欲しい!!勿論全部聞いてほしいけど(笑)」
翔「そうそう全部いい曲だからね(笑)」

 

Q.1st demo音源「胎動」が公開中ということですが、聴きどころはどのあたりになりますか?

絢「聞きどころ満載ですが、とくにサビですね。疾走感あるオケの中で、儚くも力強い感じを味わっていだけたらと。」
翔「ラストサビ前の泣きのギターソロですね。ラスサビに向けてすごい気持ちが昂ると思うのでよかったら聞いていただけたけたらなと!」
R「実は結構ベースライン動いてるんですよ(笑)特に二週目のAメロのベースラインがカッコ良いので聞いていただけたらなと!」

 

 

Q.レコーディングからmix作業までメンバーの手で行われたとのことですが、ならではの苦労やこだわりがあれば教えてください。
翔「mixからレコーディングまで、自分がやっているんですがやっぱり大変ですね。特に自分の番の時は自分しかいないので本当に自分との戦いです(笑)」
絢「俺らは録ってもらってるからね(笑)けど自分らでやってるとやっぱり、後日これ録り直したいってなった時にすぐ録り直したり、アレンジし直したりできるのがいいですね。」
R「ベース録りに関しても、余裕を持ってレコーディングできるので、ワンフレーズワンフレーズアレンジを翔と相談しながら進められるので、今回もかなり詰められたと思います。」

----------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


12/15公演出演アーティスト「Black Lotus」shot interview!

今回は11/10に続いての出演となる「Black Lotus」からEijiさんにお話しをいただきました!

-------------------------------------------------------------------------------------------------

Q.前回11/10公演に引き続きの出演になりますが、前回のライヴの手応えはいかがでしたか?
A.さまざまなタイプのバンド様と共演させていただく中で、自分たちの個性をアピールして印象に残すことができたのではないかと思っております。同時に我々自身ステージをとても楽しませていただきました。

Q.前回レコーディング中とお聞きしましたが、順調ですか?
A.ほぼ全てのテイクが揃い、順調に進んでいます!近々何らかの形で公開できるのではないかと思います。

Q.前回のライヴを見させていただいて、メタルサウンドx美旋律というコンセプトへのこだわりを非常に感じました。

やはりメンバーさんのルーツはその辺りの音楽になるのでしょうか?
A.ありがとうございます。そうですね、やはりメンバー全員が少なからずメタルサウンドというものを音楽的なルーツとして持っています。

その分メンバー一人一人の音楽や演奏面へのこだわりはとても大きいのかもしれません。

Q.改めて今回2度目の出演となる12/15公演に向けての意気込みをお聞かせください。
A前回同様我々にできるステージを全力でお見せしていきます。メンバー一同とても楽しみにしております。

----------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


12/15公演出演アーティスト「UnTraum」short interview!

今回は「TOKYO解放区」初のガールズバンド「UnTraum」の皆さんにお話を伺いました!

-----------------------------------------------------------------------------------

Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。

(サキ)Vo.サキです

(紫雨)Gt.紫雨です

(asami)Ba.asamiです

(MISAKI)Dr.MISAKIです

 

Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください。

(サキ)由来……

(MISAKI)ないっ!

(全員)笑

(MISAKI)ヒミツ♡

(asami)じゃあ秘密ってことで…笑

(サキ)コンセプトは…

(MISAKI)ないっ!

(サキ)…コンセプトというか歌詞の世界観はBAD ENDです。

 

Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください。

(サキ)頑張ります、見所は全部です!

 

Q.好きな食べ物はなんですか?

(サキ)おつまみ全般

(紫雨)苺

(asami)揚げなす、焼きなす、麻婆茄子

(MISAKI)チョコ、マカロン、プリン、アイス、ケーキ、タルト、おにく、らーめん、いっぱい!

 

Q.つい先日新アーティスト写真が公開されましたが、今回の写真のテーマやコンセプトがあれば教えてください。

(asami)漆黒的な?

(紫雨)うん。

(サキ)歌詞の世界観を意識しました。

 

Q.来年2/20には巣鴨獅子王にて主催ライヴを開催予定とのことですが、この日はどんな一日になりそうですか?

(サキ)皆で頭置いて帰る日になりそうです。

 

Q.最後に一言お願いします。

(サキ)UnTraumをよろしくお願いします!

--------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!

 


12/15公演出演アーティスト「Nollcrea」short interview!

前回に引き続き12/15公演にも出演する「Nollcrea」からルルさんにお話を伺いました!

-------------------------------------------------

Q.前回11/10公演に引き続きの出演になりますが、前回のライヴの手応えはいかがでしたか?

ルル:初めて見てくれた子達も沢山いたみたいだけど、みんなで一緒に盛り上げて、楽しい空間を作れたと思います!

 

Q.12/26の無料ワンマン、1/29の一周年ワンマンも近づいてきましたが、準備の方は順調ですか?

ルル:その日に向けて新曲も用意しているので、必見ですね!

 

Q.改めて今回2度目の出演となる12/15公演に向けての意気込みをお聞かせください。 

ルル:2度目と言うことで、前回より、思い切り熱くて楽しい空間をみんなで一緒に作ろう!!とにかくみんなモッシュモッシュー!

 

Q.これで2ヶ月連続の東京公演という形になりますが、今後も都内遠征は期待しても良さそうですか?

ルル :そうですね!これからも東京遠征、行なっていくので、その機会をお見逃しなく!

-------------------------------------------------------

ありがとうございました!


12/15公演出演アーティスト「Chronus」short interview!

12/15公演の出演者インタビュー第2弾は「Chronus」の皆さんです!

--------------------------------------------------------------------------------------------

Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。
Vo.剣
Gt.雅斗
Ba.Dai
Dr.航

の4人編成です。

Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください。
A.【時を超えて伝えたい~僕らの音楽を~】

Q.今回のイベント参加への意気込みをお聞かせください。
A.このような素敵なイベントに誘っていただけたことに感謝です。出演させていただくからには全力で演奏したいと思います。君に届けっ。よし。

Q.YouTube等の映像コンテンツがとても充実しているように感じましたが、これはどういった狙いがあるのでしょうか?
A.インターネットやSNSの普及により、誰でも簡単に見ることができる世界になっておりますので、少しでも僕たちのことを知ってもらおうと思い始めました。

Q.特にJ-POPやV系のカバーが印象的ですが、メンバーさんのルーツもやはりこの辺りになるのでしょうか?
A.そうですね。ジャンルに囚われず、それぞれ好きな音楽もあります。なので、「やりたい!」っと思ったことは「やる!」それが僕たちの絆を深めているのかもしれません。ちなみに僕が好きなのは吹奏楽です(Dai)

Q.Daiさんがリーダーとのことですが、メンバーはどのように思っていますか?
A.
「目は小さいですが、良い曲作ってくれます。」(剣)
「ノーコメントで。でも優しくて頼れますね。」(雅斗)
「脱退しようかなって思いました。あ、嘘です。」(航)

Q.最後に、今後の活動の展望や目標をお願いします。
A.僕らが描いた夢の続きを、
終わらせることなく繋いでゆく。
遥か遠く遠く離れていても、
握りしめた手だけは離さないと誓うよ。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!

 


12/15公演出演アーティスト「Answer:[]」short interview!

本日より、12/15公演に向けて出演者インタビューを掲載していきます!初回は「Ansewr:[]」の皆さんにお話を伺いました!

------------------------------------------------------------------------------------------

Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。
ボーカルの莉兎です。歌います。
ギターのアスハです!
ベースのシキです。
ドラムの咲月(stk)です。

Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください。
シキ:バンド名なんですけど由来はまんまで"答え"って意味です。
こちらからコンセプトを提示してバンド活動するのも正解だと思うんです。
僕たちの中にもコンセプトってのはあるんですけどライブ見て、曲聴いて自由に感じてほしくて。
それでAnswer:[ ]ってバンド名の[ ]の中の答えは空欄にしてあるんです。
それでリスナーさん達の[ ]の中と僕たちの[ ]の中が一致したらそれは伝えたかったものが伝わったってことなんで嬉しいです。

Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください。
莉兎:他のバンドさんよりもスクリームパートの比率が高いんでその分ライブ感だったり感情的な部分が多いんで何か伝わればなって思います。
アスハ:ライブ、曲両方ともどちらかと言うと泥臭くて男くさい感じですけど他のバンドさんにも負けないなにか持ってると思ってるんでよろしくお願いします。

Q.11/8に始動したばかりの新バンドということですが、結成に至るまでの経緯などお聞かせください。
アスハ:2年くらい自分のバンドってのが無くてサポートメインでずっとやってたんですけどサポートしたり対バンさんとか周りの仲間とか見てるうちやっぱ自分のバンドって良いなって思ってとりあえずstkを強制的に加入させましたね(笑)
そこからは分かんないなりに手探りでセッション出て見たりライブ見に行ったり知り合いに紹介してもらったり。
stk:色んな人と話したりスタジオ入ったりしたよね。
アスハ:それでたまたま知り合いに紹介してもらったのが莉兎くんで歌唱力がズバ抜けてる訳ではないけど魂とか感情で歌ってるのがかなり伝わってきたんで誘いました。
莉兎:ベースのシキさんは前に何度か同じステージに立たせてもらっていて曲とかバンドの方向性とか一通り聞いてもらって一緒にやりたいって言ってくれたので2人で加入することにしました。

Q.始動ライヴは主催イベントだったようですが、今後も主催やワンマン等精力的な活動を期待しても良さそうでしょうか?
stk:次の主催も決まってるんでそれに合わせて何か発表出来たらなって思ってます。
莉兎:期待しててください。

Q.最後に、今後の活動の展望や目標をお願いします。
アスハ:最終的には他ジャンルのライブに出てもそこのシーンのバンドさんと対等に戦えるようなライブ、サウンドにして行きたいです!
生き残るのが難しいV系っていうシーンで生き残っていけたらそういうバンドになれるかなって思ってます。
stk:LOUDPARKとか出たいね!
シキ:具体的に数字とかそういうのはないんですけど確実に一段、一段バンドとしてステップアップしていけたらなと思います。

-------------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


11/10公演出演アーティスト「Nollcrea-ノルクレア-」short interview!

11/10に向けてのインタビュー企画もひとまず最終回!今回は「Nollcrea-ノルクレア-」の皆さんです!
-----------------------------------------------------------------------------
Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。
ルル 「Vo.のルルです。性格は天然?ってよく言われますが自分ではまともだと思ってます!(笑)応援よろしく!」
瀬那「Zzz…」(寝ている)
ルル「今寝ちゃってますがギターの瀬那です。今日は、というか最近ずっと寝ている…らしいです(笑)」
ルル「そしてこちらがもう一人のギターの聖羅です…っていない?
その頃、聖羅「ふふふ」(サボり)
Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください。
ルル「一緒に歌ってもらうところや暴れるところなど、お客さんにも参加してもらうところがたくさんあるのでみんな僕たちと一緒に楽しもうね!」
瀬那「Zzz…」
Q.12/26には聖羅さんの生誕無料ワンマン、1/29には一周年記念ワンマンと地元名古屋で2本のワンマンライヴが決まっていますが、どんなライブになりそうですか?
ルル「普段は対バンでのイベントが多いのでいつも見られない僕らの一面や曲が聴けるかも!しかも普段よりリーズナブルな価格なので是非この機会に遊びに来てください!」
瀬那「Zzz…」
Q.また現在ライヴ会場等で音源の無料配布も行われているようですが、収録曲の聴きどころを教えてください。
ルル「天蘇(てんそ)って読みます!よく聞かれるので(笑)ライブではヘドバンもあり激しさと歌モノの融合という感じになってます!先ずは手にとって聴いてみてね!物販では僕たちが配ってます!」
Q.最後に、今後の活動の展望や目標をお願いします。
ルル「メンバーの脱退等もあり、三人での体制となりましたが、止まらず突き進みますのでこれからも応援よろしくね!まだまだ新曲も沢山作っているのでお楽しみに!」
瀬那「Zzz…」
ルル「ってまだ寝てんのかい(笑)」

-----------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


11/10公演出演アーティスト「ロクダマカルタ」short interview!

11/10に向けてのインタビューもいよいよ佳境第6弾!今回は「ロクダマカルタ」さんにお話を伺いました!
----------------------------------------------------------------------------------------
Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。
わたくし緑玉歌留多のバンド編成としてロクダマカルタと片仮名表記で活動しています。
基本サポートメンバーを加えてトリプルギターの5人編成です。
Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください。
不思議な名前っぽくない字面にしたいなーとおもって。
ダークでゴスな世界観のある曲を演っています。
Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください。
今まで観てもらえてない沢山の人達に聴いてもらいたいです。
いわゆる流行りの音楽ではないのでYouTubeなどでMVとか観てもらえてると当日のライヴも楽しめるかと。
Q.8/29に恵比寿Club aimでワンマンライヴが開催されたようですが、感想や手応えはいかがでしたか?
台風の直前でしたが無事に行う事が出来ましてありがとうございます。
1時間半を越えるステージをやるとじぶんが作ってきた世界を俯瞰で見るようでとても充実した一日でした。
そして足を運んでくれたファン(憂鬱なサティ)の方々とも共有出来たんじゃないかと。
Q.歌詞の世界観が独特に思うのですが、作詞の面で気を付けていることはありますか?
頭に浮かんだ音や映像が出来上がっていくなかでそれに似合う言葉を選んでます。
Q.最後に、今後の活動の展望や目標をお願いします。
あまり大きな事は言えませんが、大事(おおごと)になるよう頑張ります!
もう来年のスケジュールも決まってきているのでお楽しみに...

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------
ありがとうございました!

11/10公演出演アーティスト「Dis`clover」short interview!

インタビュー第5弾は「Dis`clover」の皆様にお話を伺いました!

---------------------------------------------------------------------------------------------

Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。

至:ボーカル担当の至です。(以下I)

Yu-ri:上手ギターのYu-ri(ユーリ)です。(以下Y)

Li-i-da:今回新しく下手ギターとして加入しましたLi-i-da(リイダ)です。(以下L)

 

Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください。

I:コンセプトでもあり、バンド名の由来でもあるんですが

ライブって、音源で聴く以上の感動だったり、楽しさが当然あると思うんです。

だから是非とも、音源を聴いて少しでも良いと思ったらライブに来て欲しいんです。

実際に音を生で感じて、一緒に叫んだり暴れたりして、

そうやって俺らもお客さんも一体化できたら最高だなと思って。

だからこそ、ライブに遊びに来て欲しいし、そこで、他にも色々な発見もあるかもしれない。

そんな意味や願いを込めたバンドです。

 

Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください。

I:ライブするたびどこかしら怪我してるんで、怪我のないように頑張りたいですね(笑)

Y:自分自身が楽しんでライブに臨むことです。見どころは至のシャウトですね。他のバンドさんよりもボリューム・

迫力があります!

L:全員がV系以外のジャンル出身で他のジャンルの要素も多々あるので受け入れてもらえるよう頑張ります。

特に至のシャウトは必聴です。

 

Q.今回のイベントからギターのLi_i_daさんが新たに加入ということですが、それによって何か以前と変わった点はありますか?

I:リイダとは前にバンド組んでて、以前から付き合いがあったんですけど、彼はいい刺激になりますね。

意外と結構色々とズバズバ言う性格で、お互いケツ叩き合ってます(笑)

Y:バンドがより活性化されたことですかね。リイダはバンドがより良い活動ができるために積極的に提案してくれます。

 

Q.最後に、今後の活動の展望や目標をお願いします。

I:目標というか、やれるだけやってやりますよ。

Y:ひたすらライブして曲を作って駆け抜けるような活動していきたいです。

L:来年初頭にはシングル発売や主催ライブ等も検討しているので盛り上げていきます。

-------------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


11/10公演出演アーティスト「Black Lotus」short interview!

引き続きインタビュー第4弾!今回は「Black Lotus」の皆さんにお話をお聞きしました!

--------------------------------------------------------------------------------------

Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。
Eiji(vocal)「ボーカルのeijiです。魂のこもった歌を届けたいです!よろしく!」
Shun(guiter)「上手ギターのShunです。みんなの記憶に残るようなプレイをしたいと思ってます!よろしくね〜」
Kazu(guiter)「下手ギターのKazuです。メインコンポーザー及びバンドのリーダーを務めています。」
Davy(bass)「ベースのDavyです。リズム隊としてバンドを支えています。
煌(drums)「Black Lotusのドラマー煌です。名前の由来はウーロン茶の煌(ファン)です。ヘヴィメタルが好きです。ヨロシクゥ!」

Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください。
A.黒くてかつ美しい花をイメージしたバンド名で、攻撃的で激しいサウンドと音楽的な美しさの両立を意味しており、本格的なメタルサウンドと美旋律という要素がこのバンドのコンセプトの一つになっています。

Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください。
A.今回は素晴らしいイベントに出演させて頂けて大変光栄です。様々な個性を持ったバンドさんがいらっしゃり見所満載かと思いますが、我々のバンドは一際しっかりした演奏をお見せしてかつ会場全体が楽しめるステージを目指していきたいと思います!

Q.現在レコーディングを行っているとお聞きしましたが、どんな作品が仕上がりそうですか?
A.「音」にこだわってジャンルの域を越えた魅力のある作品を目指してレコーディングを行っております。是非多くの方に聴いて頂きたいです。

Q.最後に、今後の活動の展望や目標をお願いします。
A.とにかく多くの方にBlack Lotusの音楽を知って頂けることを目指して活動していきたいです。ジャンルの枠にとらわれない活動で純粋にいろんな方に音楽を聴いていただきたいですし、同時にあくまでV系バンドとしてV系というジャンルが持つ魅力を追求していきたいと思っております!

-------------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!


11/10公演出演アーティスト「THE NOSTRADAMNZ」short interview!

11/10公演に向けてのインタビュー第3弾は、「The NOSTRADAMNZ」からBass&Vocalの禰故督丙さんにお話を伺いました!

------------------------------------------------------------------------------------

Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。
ボーカルとベースの禰故督丙-ねもとこうへい-(ルシファー)、
ギターの燕瞳瑶壱楼-えんどうよういちろう-(狂人)、
ドラムの上邑隼人-かみむらはやと-(ピエロ)

以上の三人がTHE NOSTRADAMNZのメンバーです。
Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください。
ぼくらが子供だった世紀末に、震えがとまならないくらい怖くて、
それでも無性にワクワクしたあの気持ちを象徴する名前です。
ライブや音源で、あの気持ちを皆様と共有したいと思っています。
Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください。
このインタビューに答えてるときより演奏がちょっとうまくなってると思います。

Q.9/27リリースの「ZOMBIE WORLD KEEPS SINGING」、10/5リリースの「ヴィルヘイムに告ぐ」と音源の発表が相次いでいますが、それぞれの聴きどころを教えてください。
前者は、我々が基調とするポップでノイジーなパンクロックナンバーになってます。
どこかで聞いたことがあるフレーズも入っています。
ライブでは拳を天高く突き上げて一緒に歌ってください。
後者は、ダークでヘヴィな四つ打ちのディスコナンバーです。
これもライブでは天高く飛び上がりつつ一緒に歌って頂きたい。
両方とも、シングルCDですが、6 曲入りとなっており、タイトル曲+配信リリースしているep「大予言」の曲を、
ねもとやえんどうがリミックスを手がけ、収録しています。
タイトル曲のオリジナルカラオケも入っているので、あなたのお部屋をライブステージにすることも可能です。
あと、11月にまた一枚シングルリリースします。
このライブかその前の11/4のライブから販売開始する予定です。
このインタビューが公開されるときにはすでに情報解禁されているかもしれませんが、
詳しくはオフィシャルツイッターとか見てみてください。

Q.かなり短期間での連続リリースになりますが、何か狙いがあるのでしょうか?
忘れて欲しくないんです。

Q.最後に、今後の活動の展望や目標をお願いします。
「我々が楽しいと思えることをやる」ということが大前提に、
たくさんのひとに楽しんでもらえるようになりたいです。
------------------------------------------------------------------------------------------
ありがとうございました!

11/10公演出演アーティスト「NEVILIA」short interview!

引き続き今回も11/10公演に出演されるNEVILIAから、BassのLIEさんにお話を伺いました!
------------------------------------------------------------------------------------
Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。
A.
Vo.豺音
Gt.メセ
Gt.梓
Ba.LIE
Dr.戮
の5人です。
 
Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください。
A.「必要悪の名の下に世界を侵蝕していく」というコンセプトで活動しています。
 
Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください。
A.NEVILIA独自の世界観とライブならではの激しさと熱さをご堪能下さい。必ずや侵蝕してみせます。
 
Q.8/11に池袋CYBERでワンマンライヴが開催されたようですが、感想や手応えはいかがでしたか?
A.初無料ワンマンにも関わらず沢山のお客様にご来場頂きとても嬉しかったです。
 
Q.また、11/28には再び無料ワンマンを開催するとのことですが、どんなライヴになりそうでしょうか?
A.より一層過激さの増したステージをお届けできると思います。
 
Q.最後に、今後の活動の展望や目標をお願いします。
A.全世界に愛されるような必要悪を目指して活動していきますので刮目して頂きたいです。
----------------------------------------------------------------------------------------------
ありがとうございました!

 


11/10公演出演アーティスト「MURASAKI」 short interview!

今回は11/10に迫った「TOKYO解放区 #1」に出演予定のMURASAKIからVocalのYASUさんにお話を伺いました!

----------------------------------------------------------------------------------------

Q.まず、各メンバーの自己紹介をお願いします。
Vo.YASU←元気担当
Gt.TORU←可愛い担当
Ba.Sho←サブカル担当
Gt.SHINJI←本人に聞いて下さい

 

Q.バンド名の由来、バンドのコンセプトを教えてください。

昔、先輩バンドマンにバンド名の由来を聞いたら怒られました(笑)
武道館でLIVEをする夢を叶えるために結成しました。
日々の日常を共に夢を見て生きていけるバンド。

 

Q.今回のイベント参加への意気込み、ライヴでの見所をお聞かせください。

わっしょーーーい!!!

 

Q.12/9には渋谷aubeでのワンマンライブが決まっていますが、どんなライブになりそうですか?

4人での初めてのワンマンライブ!!!
そして、初のアルバムリリース!!!
今年1年を締めくくる大切なライブになります!!!
2016年ムラサマ激のファイナル!!!
みんなの想いを1つに感動をみんなであじわいたいと思っています
ムラ泣き!!!みんなで、おもいっきり涙しましょう!!!

 

Q.またワンマンチケット購入者には、新曲「激」の音源特典があるようですが、楽曲の聴きどころを教えてください。

MURASAKI初のダンスナンバー!!!
みんなで一心同体踊って感激刺激的な曲です!!!
夢を駆けている全ての人への元気いっぱいソングです!!!

Q.最後に、今後の活動の展望や目標をお願いします。

USA!!!USA!!!USA!!!USA!!!
みんなでアメリカいくぞーーーーーーー!!!

 

---------------------------------------------------------------------------------------

ありがとうございました!